結婚生活で高齢になったときが心配

相談
大阪在住です。私は現在50代の主婦ですが、今はまだお互いに元気で親の介護等がんばっていますが近い将来主人も体調の変化や私自身も体力がいつまでもつかも分かりませんし、知人は夫と両親の三人の介護をする事になり、ご両親を泣く泣く施設に入れたそうです。自分がいつそういう立場にならないか不安な毎日で夜も安眠出来ません。良い方法はないでしょうか。
“知人と同じような立場にならないか不安なのですね。

身近にそういう人がいると不安になるのは分かるような気がします。

まずは、ご両親と将来について話し合いをされてはいかがですか。

施設に入ることがそれほどイヤじゃない人もいますし、本人の意思を聞いておけば、不安も少し軽くなるのではないでしょうか。”

“将来にご不安があるということで、心中お察しします。

貴方の悩みである「自分自身の老い、身内の老い」と立ち向かうのは人類が生まれた時から続く悩みなのです。年を取る、というのはすべての人に平等に訪れますが、それを受け入れるのは困難です。その不安が哲学や宗教、科学を発展させました。

現実問題として、今できることは限られています。出来るとすると可能な限り不安を介護にまつわる国の制度や施設について調べ、費用をためておくことでしょう。

ただ、そうしても貴方の悩みは消えることはないでしょう。なぜなら、貴方の悩みは「確実にわかる方法がない未来」について答えのない問いかけを続けてる行為だからです。

悩みを解決するには、まず「未来に対して悩まない」メンタルを作る必要があります。哲学、自己啓発本、神社仏閣の宗教家などに触れて、さまざまな考えを吸収しましょう。すると貴方なりの「人生に対する答え」が見つかる筈です。その答えが、貴方に安眠を届けてくれるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です